包装資材から日用雑貨品の製作は清和産業

メニュー

閉じる

QUALITY&ENVIRONMENT品質・環境への取組み

心が変われば行動が変わる。行動が変われば習慣が変わる。
習慣が変われば品質も変わる。

品質向上は人の意識から。

品質向上は人の意識から。

清和産業では、QMS・EMSを取り入れてから10年が経過しました。
品質・環境向上のためには、優れた検査機や設備、省エネ機器など
人の手が不要なシステムも有効ですが、本当に大切なのは携わる人の意識です。
弊社では、品質や環境の妨げとなるミスや不良、ムダなエネルギーの消費は「当たり前のことをやらなかったこと」が引き起こすとの自覚をもって、弊社及び協力会社様と共に、携わる人の意識を常に高めるよう徹底しております。

品質・環境への取組み

悦ばれる豊かな品質を目指して

品質マネジメントシステムの国際規格

「株式会社清和産業」では包装のトータル産業として、パッケージングに関する独自性の発想と視点から、常にお客様にご満足いただける製品づくりを目指して日々努力しています。
(本社及び東京出張所で認証を得ています。)

環境への取組み

環境への取組み

近年、地球規模の環境問題に対する認識の高まりから、地球環境保全を持続させながら、品質・環境を継続的に向上するために、社員一人一人が正しい知識を身につけ、品質・環境方針を理解し、積極的に環境保全に取り組んでおります。

環境活動レポート

品質・環境方針

  • 事業活動に拘わる製品関連法規、環境関連法規、及び当社が約束した事を遵守し、安心、安全な製品を提供します。
  • お客様が満足する製品を提供していくために、お客様のご意見を取り入れて品質改善に取り組みます。
  • どうすればできるかを考えて、アイデア・企画力・管理力を高め、製品の信頼性を向上し、維持していきます。
  • 基本を守り、5S活動に徹します。
  • 全社員が環境汚染の防止、環境負荷の低減を意識し、知識を身に付けて、環境保全の向上に自主的、積極的に取り組みます。
  • 環境に優しく、健康を配慮した製品の企画・開発をご提案いたします。
  • 品質・環境方針達成のため、品質・環境目標を各部門に展開し、その実施状況を見直し、有効性の継続的な改善を図るSEIWA QMS・EMSを全社員で確立し、維持し、定期的見直しをいたします。

株式会社 清和産業 代表取締役 清本 尚哲
制定日2005年7月1日